スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青と赤 色の魔術師マチス

先日の「エルミタージュ美術館」
ご覧になった方いらっしゃいますか?
 
ダ・ヴィンチの聖母の絵の謎 などとても面白い話だったのですが、
マチスの絵「赤い部屋」の話はとても興味深く見ました。
 
この絵は最初、青い部屋に描かれていたそうです。
その状態で買い手が決まってから、マチスが絶対赤い部屋の方がいい!と判断し、赤く塗り替えてしまったそう。
はたして家族を亡くして間もなかったという買い主は「赤い部屋」を気に入ったのか…?
 
意外にも、とても気に入ったそうで毎日眺めて楽しんだということでした。
 
では青い部屋がどんな感じだったかCGで再現したのですが、落ち着きがあり、ぱっと見にはこちらの方が心穏やかに見れるんじゃないか。と思われます。
 
実際、青には
冷静や落ち着きを促す効果もあります。
反対に赤には興奮や高揚感などを感じたりする事も知られていますね。
 
そこででは何人かの人に両方の絵を見せて、脳波を調べる実験をしました。
その結果は
 
「青い部屋」はまんべんなく癒やしの脳波がずっと出ている状態。
「赤い部屋」は最初は高揚感を示す脳波が活発に活動。
しかし、絵の中の窓を見るよう指示されると、一気に癒やし脳波が増え、興奮を示す脳波は減少
 
しかも、「青い部屋」を見続けた時より、癒やし脳波の数値は高かったのですポイントは窓の青。
 
この事から、
ずっと落ち着いた状態ももちろん癒されるが、高揚や興奮、又は心穏やかでない状態の後の癒やしはとても効果がある!
と推測されます。
 
考えてみれば当たり前のようですが、
買い主の気持ちを考えて(多分)部屋の色を赤く塗り替えたマチスの才能は凄い!と思いました
 
お客様の真の気持ちを考える…
見習わなくては
 
見慣れてみれば、赤い部屋も温かみのある優しい部屋にも思えてきます
 
 
 
 

コメント

Secret

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

カラーセラピーサロン saji

Author:カラーセラピーサロン saji
仙台在住
イリスカラーセラピー、曼荼羅アート、デコぬりえなど、色を通じてこころの安定と人との繋がりを大切にした心理カウンセリングを行っています。
「saji」代表 mikiko kurisaki

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

メールフォーム

アクセスランキング

カテゴリ


☆イリスカラーセラピーとは?☆
☆曼荼羅アートとは?☆

最新記事

カラー占い

検索フォーム

月齢

左側ボタンで次の満月をcheck!

ブログランキング

ブログランキング参加中!
ポチっとご協力お願いします。

リンク


カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。