スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フーシャピンク」


「フューシャピンク」については前に少し触れた事がありますが、最近良く目にする色ではないでしょうか?
 
名前の由来は上の写真の「フレシア」という花の名前からきているようです。
 
ショッキングピンク程激しくなく、でもベビーピンクやサーモンピンクのように優しい感じとも違う。
 
少し青みがかった濃いピンク。
 
先日紹介した「マダムブリュレ」のパッケージにも使われていますが、ヒョウ柄と合わせるなんて、下手すると下品になりがちなのに微妙なバランスでうまくまとめています。
 
Kカンパニーの「ドン・キホーテ」の男性のコスチュームにタイツの色として使われていたのも斬新で、私的にはとても注目しました!
 
赤ほど強い情熱ではないけれど、意志を主張する何故か女ゴコロをぐっと掴む色でもあります。
 
全体的に使うよりは差し色として使うと下品にならずセンスよく効果的。
 
気分を上げていきたいけど、赤って気分ではない。
女性的な魅力を出したい。なんていう時に身に着けてみると不思議と気分が華やいだりするかもしれません
これからの季節、マフラーや手袋も可愛いですね。
女性ホルモンの活性化にも繋がり、体感的にも暖かく感じられる色。
 
そういえばこの間、テレビの実話として、森で遭難した女性がヘリコプターから見つけてもらうために、この色の下着を脱いで棒にくくりつけて振って目立つ色なので、見つけられ助かった。
というお話を見ました赤い下着はちょっと…という方はどうでしょう。
内側から暖かくなるかも。なによりセクシーですね
 
好き嫌いの別れる色かもしれませんが、興味があるば試してみる色価値のある色かもしれません
 

コメント

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

カラーセラピーサロン saji

Author:カラーセラピーサロン saji
仙台在住
イリスカラーセラピー、曼荼羅アート、デコぬりえなど、色を通じてこころの安定と人との繋がりを大切にした心理カウンセリングを行っています。
「saji」代表 mikiko kurisaki

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

メールフォーム

アクセスランキング

カテゴリ


☆イリスカラーセラピーとは?☆
☆曼荼羅アートとは?☆

最新記事

カラー占い

検索フォーム

月齢

左側ボタンで次の満月をcheck!

ブログランキング

ブログランキング参加中!
ポチっとご協力お願いします。

リンク


カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。